人と人をつなぐ

ブログ検索

このページでは、高機能な検索システムを使って、ご希望に合った先生をお選びいただくことができます。
以下のフォームに条件を入力して「検索する」ボタンを押してください。

検索したいブログの種類を選ぶ。

ブログの種類

キーワードで検索する。

◆新着ブログ

  1. 定期テストで8割を取る方法!?



    勉強しても定期テストで8割とれない...
    なにが定期テストに出るかわからない...
    そもそもやる気が出ない...

    なんていう中学生・高校生が多いのではないでしょうか?

    「定期テストなんて、実力でいくぜ!!」とかみんな思ってますよね(笑)

    でも、もしも定期テストで出る問題が分かっていたら、ちょっと勉強しようと思いませんか?

    実は、一見なにが出るかわからない「定期テストの問題」を当てる方法があります。しかも、山勘ではないやつです。

    それは

    「定期テストの過去問を徹底的に分析する」ことです!(◎_◎;)

    具体的には以下のようにやります

    ① 教科書・ワーク・ノートを使って、どこからその問題が出ているのかを把握する。
    ② なぜその問題が出されているのかを考える。

    本気で「過去問分析」をすると、先生が「次のテストで何を出すか」、そして「どこから出るのか」ということも分かります。

    その分析結果を元に勉強をすると、あっという間に8割くらいならとれるようになると思います。ちなみに、自分の生徒も50点くらい上がりました。

    そしてこの考え方ができるか否かで高校・大学入試の対策が変わってきます。それについてはまた今度ということで!

    最新記事:17/11/21
  2. お返事来ない。

    スカウトメッセージをお送りしたのに、お返事きません・・・。
    条件的にはぴったりなのですが、まぁそんなものかもしれませんね。
    気長に待ってみます。

    さて、別口でも探してみます。

    最新記事:17/09/12
  3. 募集開始

    個人教授していただける英語の先生を探しています。

    仕事で英語が必要になり、それは「ちょっと話せる」ではなく、世界の英語圏の人々と電話やFTFで会議をこなす感じのレベルを求められています。

    結果、残りの人生が楽しいものになるか、悔やまれるものになるのか、決まって来ます。

    所詮は言葉なのですが、交渉や人間関係、文化の違いの理解など、問題は山積しています。

    そもそも勉強とか好きじゃない人が、どうやって語学を学んでいくべきか、
    トライアンドエラーにて進んでまいりたいとおもいます。

    同じような境遇の方がいればぜひお友達に〜。(^^)

    最新記事:17/09/10
  4. ミニ英文法2 比較 no + 比較級について(前半「原理」))

    こんにちは♪
    第二回目のブログになります。(不定期更新なので、よろしくお願いいたしますw)

    1つ1つ順を追って、単元毎に解説して行こうと当初は思ってましたが…気の向くままに更新ですし、"ミニ"英文法ですから、

     "重要単元だけど説明が世の中には足りてないところ"

    を毎回単発で気の向くままに書いていきますね。


    ではここからが今回の本題。「no+比較級」についてです。
    皆さんは"クジラ構文"と世間一般的に言われている例文をご存知ですか?それは以下のような文です。

    A whale is no more a fish than a horse is.

    この構文は有名なので「知ってるわ」となるかもしれませんね。しかしこの構文を突き詰めてみると、しっかり訳せる人って、実は旧帝大の英語学部の大学生レベルでも出来てません(何人か実証済み)。

    以下の例文、皆さんは苦もなくスラスラ訳せますか?

    I had no more desire to sample the literature of Japan than I had to eat fish and rice for breakfast instead of cereal and milk.
    (名古屋大学 1999)

    これも同じ構文です。

    では、「no +比較級」の原理を抑えて、これらの英文の解説に移ります。


    まず注目すべきは「no」と「not」の違いです。

    not⇒「~ではない」
    no ⇒「ゼロ」

    です。従って、「He is not interesting.(彼は面白くはない)」と言われれば、まだ"普通"という救いのラインがありますが、「He is no interesting.(彼は面白みゼロ)」と言われると、実も蓋もない状況になります。

     ここでおさえたいのは、上の「no interesting」の例で分かるように、「no+プラス要素」が成り立つと"良いところゼロ"という言い方になるため、"究極のけなし"になってしまいます。

     一方、「no+マイナス要素」が成り立つとどういうことになりますか?"悪いところゼロ(=欠点なし)"ということになりますよね?つまり女性の皆さんに言いたいのは、「あなたは"noブサイク"だね」と言われたら"究極の褒め"言葉なんですよ!ってことですw。


    また、以下のような例文3つを並べて見てみましょう。

    ① Tom is not taller than John.
    ② Tom is 10cm taller than John.
    ③ Tom is no taller than John.

    まず①は「トムはジョンよりもより高いって事はない。」となります(「not」は「ではない」でしたね)。"より高いということはない"と、言うことは、同じ背の高さでもOKなんです。従って、①は"Tom≦John"の関係になります。

    ②は簡単ですね。「トムの方が、ジョンよりも10cm高い」わけですから、当然"Tom>John"の関係性ですね。
    …ところで、"差"はどれだけですか?
    もちろん「10cm」ですよね。これを踏まえて③に移りましょう。

    ③はこの質問から始めます。「"差"は何cmですか?」
    「no」は「ゼロ」でしたね(上記参照)。従って、差がゼロcmなので、③はTom=Johnの関係性になります。つまり訳は、「トムもジョンも同じ背の高さだ」ということです。

    ここから導き出せる公式は、結局のところ、「差がゼロ」という言い方になるので、「no+比較級=同レベル」ということです。

    ここまでの話をまとめます

    「no+比較級」の3公式
    ①同レベルである
    ②no+プラス要素 ⇒けなしてる
    ③no+マイナス要素⇒褒めてる

    ということです.

    …疲れたので、一旦ここで打ち切ります。次回(=3弾)で、この続きを書いていきますね(すぐ行います)。

    最新記事:17/05/11
  5. ミニ英文法1 時制 現在形の真意

    こんにちは♪
    これから暇なときにブログでも書こうと思います。第一回は「現在形とは?」です。時制はまずここが"しっかり"わかってないと全て崩れます。そして案外そういう方、多いですw
    なので、今回でしっかり理解して下さいね♪

    ポイントは二点あります。

    まず一点目は現在形のニュアンスです(この話は気の利いた参考書なら説明されているので、軽くお読み下さい)。

    What are you doing?
    →あなたは"今"何していますか?
    What do you do?
    →あなたは"いつも"何していますか?
    =お仕事はなんですか?

    の違いから分かるように、現在形のニュアンスはそもそも「今」ではなく、『不変(いつも変わらないこと)』と言ったニュアンスです。まず、この『不変』というニュアンスを押さえて下さい。

    二点目は、動詞の性質です(ここが参考書にも載ってない説明なので、じっくり読んで下さい!)
    動詞は「動作」と「状態」の二種類あります。しかし、この2つの線引きがどのようになされているのかちゃんと説明したものは見たことがありません。その性質を理解することが、現在形の本質を理解することに繋がります。
    その線引きとは…

    動作=on/offの切り替えがある
    状態=onのまま

    の線引きです。例えば動作動詞のwalkは歩いているときもあれば、絶対に歩いてない時もあります(当然歩き続けたらそのうち倒れますよね?)。このように"onの状態が負荷がかかっていて、当たり前ではない"動詞のことを動作動詞と言います。
    一方状態動詞のbe,love等は"onの状態が当たり前"であり、寧ろスイッチのようにon/offの切り替えがあるとしたら不自然です。このような線引きで、僕らは動作と状態で二分しております。
    (rainなどの天候の動詞はどちらですか?…onが当たり前ではなく、負荷がかかってますね(365日24時間雨なんてあり得ないですよね?降ってないときも当然あるので動作動詞です。))

    このように①『不変』というニュアンス、②『動作』『状態』の2タイプの性質を加味して、次の例文を見ましょう。

    Tom lives in London.
    →liveは状態動詞=onのままが当たり前
    →現在形=不変
    =on のままの状態が変わっていない。

    と、言うことを述べております。これを文法書では"今の状態"等と呼んでます(視点は確かに現在ですが「今も含め、しばらく変わっていない」と言うことです。)

    Tom plays tennis every day.
    →play tennisは動作動詞=on/offの切り替え有り
    →現在形=不変
    =on/offの切り替えの"リズム"が不変

    と言うことを述べております。つまり定期的なリズムでやっては、止めて…という繰り返しの「頻度」の話になります。
    これが文法書でいう"習慣"の使い方です。

    で、"不変の真理"や"確定未来"など、特殊な使い方がありますが、まずは上記2つの文が"核"となる典型的な使い方なのだ、と言うことを押さえて下さい。
    以上、第一回でした。不定期に、気の向くままに更新していきたいと思います。ありがとうございました。

    最新記事:17/04/23
  6. 中学受験 組み分け・マンスリー・公開

    中学受験生は新学年を迎え、早速模試も返却され、お悩みのある方も多いと思います。
    私自身は算数を指導しておりますが、お子さんのテストの書き込みによく注目してみて下さい。
    例えば、計算問題はどのように書いて解いているでしょうか?
    テスト中の書き込みがあちこちに分散している、
    途中で力尽きている、
    一行目と二行目で数字を書き間違えている、
    症状は一人一人違いますが、そういったことから分析すると、改善策は少しずつ見えてきますよ。

    最新記事:17/03/16
  7. 大学入試だけが人生の分かれ目ではないです

    大学受験生は不本意ながら第二、第三志望の大学にしか受からず
    春から通うのが辛そうな様子を目にします

    これまでとても大変な準備をしてきたのでしょうから、悔しい気持ちも分かります
    ただ、これで人生が決まってしまったわけではありません
    単に経歴だけをとってみても、まだまだ終わりではなく、大学院に進学したり
    大学に行きなおしたり、難関の資格に合格したりで
    経歴に磨きをかけた人を大勢見てきています

    くさらず大学に入ってからも易きに流されず、前向きに人生を切り開いてください
    大変でしょうけど生活を律してメリハリのある日々を過ごしてください

    最新記事:17/02/12
  8. 英単語帳 大学受験

    大学受験勉強において、どんな英単語帳を普段使われていますでしょうか??

    学校で配られているものでしょうか??
    それとも書店で見つけた単語帳でしょうか??
    たくさんあり悩む方も多いかと思いますので下記にご紹介します。

    まずはオススメをご紹介します。
    ①速読英単語→英単語プラス長文という構成で、単語を覚えつつ文章を読む訓練にも使うことが可能です。
    センター英語で120点〜130点まではこの英単語帳
    がオススメです。

    ②DUO3.0→単語数がかなり多く、初級レベルから上級レベルまで
    かなり満遍なく入っておりオススメです。これ一冊で十分私立難関まで
    いけます。

    ③システム英単語→こちらはフレーズで覚えることができるため、
    速読英単語のように、長文を読みながらだと覚えにくいという方にはオススメです。

    オススメは上記、三択です。

    下記、初期に使うにはマイナスな単語帳

    ①ターゲット1900→基礎の単語が抜けて中級から上級レベルが
    多く、センター英語、早慶英語の長文でも見ない単語も多く含まれて
    います。二冊目としてはオススメですが最初に使う英単語帳としてはバツです。

    ②単語王→難しめの単語が多く使いにくいです。

    最新記事:17/02/10
  9. ブログ

    現在受け持っている生徒の指導を進めつつ、
    新たな指導の機会を待つ日々。

    最新記事:17/01/27
  10. 生徒さんの声②

    今回はスカイプによる英会話レッスンを受講してくださっているAさんにインタビューしてみました!

    Aさんは30歳代で、会話中心のレッスンを受講されています。

    以下Tが講師、Aが生徒さんです。



    T:英会話を始めたきっかけは?

    A:地域に留学している外国人の学生さんと話してみたかったから。そして、そういう仕事がしたかったから。


    T:英会話をやっていて、良かったなと思うことは?

    A:日本人・外国人関係なく友達が増えた気がする! 知らない人に物怖じしなくなった。海外旅行に行ってみたくなった。


    T:先生はどんなかんじの人?

    A:褒めるのがうまい人! ちょっと難しい話も突っ込んで指導してくれる親切な先生です。


    T:これから英会話を習いたい人に一言!

    A:知らない文化に触れるのは楽しいことです! 正しさより楽しさ!ってかんじのことをおもいます。


    Aさん、ありがとうございました。

    ※こちらに掲載するインタビューに協力してくださる生徒さんは講師までお知らせください。

    最新記事:17/01/18

中学入試・高校受験・大学受験~学校の補習・体育・不登校支援等、プロ家庭教師・一流学生家庭教師(個人契約)の先生を探す求人サイトです
東京・神奈川(横浜)・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都・愛知(名古屋)・北海道・福岡 … 全国の家庭教師アルバイト・バイト登録も募集中!
Copyright (C) マッチングティーチャー All Rights Reserved.