人と人をつなぐ

講師のブログ・Q&A

  • 男性の講師です
    和歌山県和歌山市
    21歳
    和歌山県立医科大学 医学部医学科 (九大中退)

ハンドルネーム:akerさんのブログ

苦手科目を得意科目に変えるのは無駄である

苦手科目があれば、集中的にその科目の講座をとって得意に変えようとする生徒は山ほど見ました。結果失敗に終わった生徒の方が圧倒的に多かったのが事実です。特に、数学です。よく、国公立医学部は全科目が強くなければ無理などという迷信を耳にします。そこで、筆頭となるのが数学で、これができなければ一生医学部レベルに受からないと勘違いしてる人は数多くいます。数学が最後まで得意にならずとも、受かります。僕も帝大と国公立医学部は合格しました。1年仮面浪人をしていましたが。そもそも数学のような発想力に個人差が出るような科目を得意科目にできる人はほんの一握りであることを受け止めることからスタートすべきです。そこで、何より大切なのは、得意に変えてやろうと、気合を出して意気込むのではなく、典型手法を全てマスターして、標準問題だけは必ず取りきるという精神です。そして、もう一つ大事なことは、英語や理科のように努力がそのまま伴う科目に多く時間を割くことです。最後に、赤本の分析で自分にマッチする大学を探すところが重要です。生物(易)で物理(難)という特色をもつなどなど様々自分に合う大学を探せば、医学部でも受かります。